現在にまで長くて、人として過去にしたくても現存する話

過去になったりしたり、経験だったなとなったりしたり、人って普通そういう生き物なわけですよね。そこに、嫌でも環境が氷河期のような、氷山の一角のようなところがあったとしたらどう育って進化するでしょうか。環境がおかしいと、変な風に育つわけですよ。簡単に言うと貢献はないしお荷物だし、頼り甲斐がないわけですよ。普通の話が通じない、そういう事情なわけですよね。誰も巻き込まれたくはないわけですよ。質の悪い環境として、地域と言ったり一角と言ったりして、在るわけなんですよ。現存しているのはそこなんです。過去になれば、そういうところもあったなと嫌な過去とでも忘れれば良いわけですよ。それが、そうもいかない事情でも固定されているような忘れ去りも関わりもしずらいものなわけです。現存しているのに、どうやって過去にするんだか、本当に単に質が良くないと言っているそこの有り難みや、そこという社会に対して、改善や解決、防止策などを今から先や今の人達や自分達のためにやるわけですよね。迷惑や巻き込みに対して、どこまで関わられて見てられて我慢を通り越していくかなわけですよね。社会も理解してあげてほしいなとそう思うわけです。即日キャッシング