プレゼンの実行と手答えの意味

演説などについて授業しました。オーディエンスにわかりやすく演説を立ち向かうには、ルックスな触れ込みを混ぜる、大きな声で明瞭に話す(簡潔、くどくど控える)、態度は堂々とやる(おどおどしない)、主旨は少々暗記しておく(草稿を見ないでも話せる)、じっくり話す(早口にならない)、リスナーの感想を意識する(一方系に朗読控える)、アイコンタクト(興味)に注意する、時刻管理(タイミング釣り合い)を感じ取る、これらの考案が必要です。また、演説を上達させるためには、実施された演説を適切に評価し、その結果を今度以降の方法に形成させることが重要です。このように、演説のうわさ結果を今度以降の方法に形成させることをフィードバックといいます。うまくできた箇所については、次の機会においても積極的に混ぜることが大切であり、核心として残る箇所については考案・直し、おんなじ核心を生じさせないようにしなければなりません。演説をするときは、気をつけたいと思います。